ひろしま浜茶 50g Hiroshima-Sundry-tea at Onomichi bay
ひろしま浜茶 50g Hiroshima-Sundry-tea at Onomichi bay

¥ 810

SOLD OUT

ひろしま浜茶 50g Hiroshima Sundry tea at Onomichi bay

Tea Factory Genが自ら栽培し、製造した潮風番茶。
畑に余分な栄養素を「持ち込まず、持ち出さない」自然農法で作り上げ、個性を磨いたお番茶です。豆を炒ったような香ばしさ、そして塩っぽさ、夏にぴったりなミネラル茶です。
※農薬・化学肥料は一切使用していません。

自然な甘み:★★★
香り:★★☆
渋み:★☆☆
塩っぽさ:★★★
余韻:★★☆

畑:世羅郡加茂
標高:370メートル
お茶:在来実生
樹齢:50~60年
摘採:3月27日
蒸し:深蒸し
肥料:圧搾式オーガニック菜種油粕、黒ゴマ粕

3月下旬に広島の世羅(せら)で摘んだお茶を蒸し、千光寺望む尾道の屋形船の屋根と向島の浜で瀬戸内の温暖な潮風とぽかぽかの太陽を浴びて自然乾燥させ、仕上げに強火で焙煎しました。乾燥のほとんどを瀬戸内の潮風に任せるため、ほんのり塩っぽい瀬戸内の香りがする広島ならではのお茶です。

在来特有のお茶本来の甘み、香り、爽やかな渋み、三拍子そろったお茶に仕上がりました。

淹れ方:5gにつき200ccの熱湯を入れ30秒したら抽出します。2煎目以降も同様に出してお飲みください。濃い場合はお湯を足して調節してください。

おススメな淹れ方:熱い夏にはオンザロック(コップの中にたっぷり氷を淹れて、その上からお湯で抽出したものをいれること)か水出し(水500mlにつき5gいれ、最低でも3時間待ちましょう)がお勧めです。

ひろしま在来紅茶 40g Hiroshima-Native Black Tea(First Flush)
ひろしま在来紅茶 40g Hiroshima-Native Black Tea(First Flush)

¥ 1,080

SOLD OUT

ひろしま在来紅茶(40g)
Hiroshima-Native Black tea(First Flush)

去年静岡の国産紅茶発祥の地で国産紅茶づくりを学んだ後、Tea Factory Genが自ら栽培し、今年初めて製造したファーストフラッシュ和紅茶。

畑に余分な栄養素を「持ち込まず、持ち出さない」自然農法で作り上げ、個性を磨いた今年春づみの一番茶です。基本的に日本の和紅茶は緑茶の茶価が低迷する二番茶以降に経営を安定させるために和紅茶が作られますが、この度は値段云々ではなく質にこだわった結果、驚くほど渋みやえぐみが少なく、どの和食にも合わせやすい新茶紅茶が仕上がりました。

自然な甘み:★★★
香り:★★★
渋み:★☆☆
余韻:★★★

畑:世羅郡加茂
標高:370メートル
お茶:在来実生
樹齢:50~60年
摘採日:5月25日
萎凋:自然萎凋(1日半)
肥料:圧搾式オーガニック菜種油粕、黒ゴマ粕

淹れ方:150mlにつき2g、100℃で3分間抽出して下さい。
おススメな淹れ方:熱い夏にはオンザロック(コップの中にたっぷり氷を淹れて、その上からお湯で抽出したものをいれること)か水出し(水500mlにつき5gいれ、最低でも3時間待ちましょう)がお勧めです。

※農薬は一切使用していません。

中国地方の隠れたお茶処、広島県世羅。
自家消費しかされていなかったお茶がこうしてまた息を吹き返しました。

ひろしま在来煎茶 40g (Hiroshima native green tea)
ひろしま在来煎茶 40g (Hiroshima native green tea)

¥ 1,080

ひろしま在来煎茶(40g)
Hiroshima-Native Green tea

Tea Factory Genが自ら栽培し、製造した新茶。
畑に余分な栄養素を「持ち込まず、持ち出さない」自然農法で作り上げ、個性を磨いた今年春づみの一番茶です。

在来特有のお茶本来の甘み、香り、爽やかな渋み、三拍子そろったお茶に仕上がりました。

自然な甘み:★★★
香り:★★☆
渋み:★☆☆
余韻:★★★

畑:世羅郡加茂
標高:370メートル
お茶:在来実生
樹齢:50~60年
蒸し:浅蒸し
肥料:圧搾式オーガニック菜種油粕、黒ゴマ粕

淹れ方:150mlにつき5g、80℃で1分間抽出して下さい。二煎目は熱湯で待ち時間なく淹れ、三煎目は熱湯で1分間待って淹れて下さい。
おススメな淹れ方:熱い夏にはオンザロック(コップの中にたっぷり氷を淹れて、その上からお湯で抽出したものをいれること)か水出し(水500mlにつき5gいれ、最低でも3時間待ちましょう)がお勧めです。

※新鮮さとお茶本来の味、香りを重視するため、浅蒸し及び長時間の温度の低い火入れ(焙煎)でお茶を仕上げています。農薬は一切使用していません。

中国地方の隠れたお茶処、広島県世羅。
自家消費しかされていなかったお茶がこうしてまた息を吹き返しました。

煎茶(一番茶)やぶきた50g袋 Sencha(First flush)Yabukita
煎茶(一番茶)やぶきた50g袋 Sencha(First flush)Yabukita

¥ 840

SOLD OUT

この一番茶は何十年も前から有機栽培を実践されている農家さんから直接仕入れて自家焙煎したものです。お茶はとてもさっぱりとして尚且つ自然な旨みがあり、薬草的なお茶本来の味、香りが特徴です。農薬も化学肥料も一切使用されていません。そのまま食べても、ふりかけにしても面白いです。出がらしは捨てずに、佃煮にしたりポン酢をかけたりしてご賞味ください。

飲み方:5グラムにつき100cc、70℃のお湯を注ぎ、70秒で抽出します。2煎目も同様にいれ、3煎目は熱湯で抽出して下さい。濃すぎた場合はお湯を足しましょう。水だしは1リットルにつき10グラム入れ、冷蔵庫に夜寝る前に入れて朝には丁度よくなります。

ひろしまてづみ天日紅茶(春摘み)25g袋 Hiroshima hand-picked black tea(Autumnal Flush)25g
ひろしまてづみ天日紅茶(春摘み)25g袋 Hiroshima hand-picked black tea(Autumnal Flush)25g

¥ 840

ひろしまてづみ紅茶に使用される茶葉は全て手摘み、手炒りです。ひろしま世羅産100%です。もちろん農薬は一切使用しておりません。ひろしま紅茶の香りはおてんとで自然乾燥させ、味はまるで紅茶と日本茶を兼ね備えた優しい仕上がりになりました。

このてづみシリーズでは手仕事を徹底し、お茶づくりの原点を追求します。それに加え、地球環境に負荷をかける従来の重油やガスを使用するお茶作りをせず、火力を使う工程は間伐材などの薪を使用しています。単にお茶を作って終わるだけでなく、広い視点から見た持続性のある、自然と調和したお茶づくりを続けていきます。

淹れ方
抽出は100℃の熱湯150㏄を使い、2gにつき3分間程抽出してください。

茎茶(一番茶)50g袋 Kukicha(First Flush Stem)50g
茎茶(一番茶)50g袋 Kukicha(First Flush Stem)50g

¥ 630

SOLD OUT

この茎煎茶は何十年も前から有機栽培を実践されている農家さんから直接仕入れて自家焙煎したものです。有機栽培で作られるお茶はとてもさっぱりとして、薬草的なお茶本来の自然な味、香りが特徴です。農薬も化学肥料も一切使用されていません。

飲み方:5グラムにつき70cc、70℃のお湯を注ぎ、70秒で抽出します。2煎目も同様にいれ、3煎目は熱湯で抽出して下さい。濃すぎた場合はお湯を足しましょう。水だしは1リットルにつき10グラム入れ、冷蔵庫に夜寝る前に入れて朝には丁度よくなります。

茎ほうじ茶(一番茶)50g袋  Roasted tea stem(First Flush)
茎ほうじ茶(一番茶)50g袋  Roasted tea stem(First Flush)

¥ 730

このほうじ茶の原料は良質な1番茶の茎を使用しています。もちろん農薬や化学肥料は一切使用しておりません。
ほうじ茶だからといって安い原料を使うことはせず、あえて一番良い原料を使い一番高級なほうじ茶を作ってみました。
1時間に100gしか焙煎できない小さな焙煎機で作っています。香りはきなこのように香ばしく、ふくよかな味の余韻が鼻を通りぬけます。

飲み方:5グラムにつき100cc、100℃のお湯を注ぎ、30秒で抽出します。2煎目も同様にいれ、3煎目は1分以上待って抽出して下さい。濃すぎた場合はお湯を足しましょう。水だしは1リットルにつき10グラム入れ、冷蔵庫に夜寝る前に入れて朝には丁度よくなります。
10回分30杯分のお茶が入っています。

ほうじ茶50g袋 Hojicha 50g
ほうじ茶50g袋 Hojicha 50g

¥ 730

このほうじ茶は何十年も前から有機栽培を実践されている農家さんから直接仕入れて自家焙煎したものです。有機栽培で作られるお茶はとてもさっぱりとして、薬草的なお茶本来の自然な味、香りが特徴です。農薬も化学肥料も一切使用されていません。

飲み方:5グラムにつき150ccの熱湯を注ぎ、30秒で抽出します。2煎目からは待ち時間はありません。3煎までお飲み頂けます。水だしは1リットルにつき10グラム入れ、冷蔵庫に入れて下さい。お好みの濃さで抽出して下さい。